機材紹介

2001/12/17

っと言っても他の方々のようにカメラの一覧とかレンズの一覧があるわけではないのですよ。レンズ交換できるカメラ持ってないし(笑)。そういう風には結構長い間そうならない気がします。そもそも機材を詰めて「さぁー、撮影に」という出陣をするタイプではないのです。

カメラ

富士フイルム GA645Zi 購入動機はここにあります。 Point-and-ShootにふさわしいAF機です。中判で携帯が可能な唯一の機種です。唯一の問題はAFが迷うことがありマニュアルでの正確な確認が不可能な点でしょう。露出は雑誌のテストでもあるように使用感上も非常に正確だと思います。スポットに近い中央重点です。レンズも私の目的には全く問題ありません。日本では中判に関する情報がネットにほとんどありません。「GA645Zi使っています」なんてネットでお目にかかったことは皆無です。私の誤解で言葉は悪いかもしれませんが、日本では中判やってるのはインターネット知らないオジサンばっかとしか思えないのです。ですからメーカからの情報以外も皆無です。しかし別ページにも書いたようにアメリカでは中判の豊富な情報がネットに流れていて、GA645Ziについても使用感やレンズに関しての感想が書かれています。ここではそれを紹介します(英語)。

anyone _used_ a Fuji GA645Zi 
autofocus problems Fuji GA645zi
 
Fuji 645 Zi
   
Fuji GA645 Zi 
Fuji GA645Zi not winding film tight
Just Brought Used GA645_Zi - Any problems to Check For
Lens quality GA-645Zi vs GA-645i-wi
Quick Fuji 645Zi question

全体的にその仕様上の制限を認知して使えば良いカメラでレンズである、と言う理解を得ました。

 

ヤシカ Yashica Mat 124G購入の動機はここです。 6x6の正方形の画角とウエストレベルファインダーのすばらしさが魅力です。 645と定期的に切り替えて携帯しています。画角が切り替わるとそのたびに意識するので非常に構図の勉強になります。すりガラスを覗くと何かほっとするところがあります。GA645だと巻き上げのモーター音が何とも品がないと言うか。このカメラは一番のお気に入りです。所詮はローライのコピーですが、だから良くないと言うことは全然ないです。23,000円で買ったのですが他のカメラと比較して私にとっては10万円程度の価値があると思います。他の6x6と違って1.1Kgしかありませんので問題なく携帯できます。

購入の動機にも書きましたが、ウエストレベルファインダーの眺めは格別です(もちろん現行の中判でもこれをつければ同様ですが)。124Gは一応露出計がついています。模様のない壁などでGA645Ziの読みや、セコニック露出計と比較をしてみると0.5EV以内で一致しています。つまりかなり正確です。しかしこの内蔵露出計は見ている範囲が非常に広く、昼間など空からの光もかなり拾います。長いフード状の物をつけてやれば改善すると思うのですが、まだそこまでやっていません。

 

なんか日本ではこのYashica Matって不当な扱いを受けているというか(だから安かったのだが)、二眼と言えばローライ、ローライとローライばっかりがもてはやされて中古市場で売られている感じがするのです。この124Gというのは1970年から80年までの10年間も作られたモデルで、所詮ローライのコピーとはいえ熟成した製品としての価値があると思います。 アメリカの掲示板では中判入門機として非常に推奨されています。またWeb上の情報も豊富です。日本では入手できない取り説のコピーさえWebで取ってこれます。レンズ性能も開放にしなければGA645Ziと同等かそれ以上という感触を得ています。問題はコーティングが当時の物だし、内部反射が少なくないので、逆光では綺麗に撮れません。フードは必須です。あと120のブローニーでは全然問題ないのですが、220だとコマ間隔が安定しなかったり、巻ききらなかったことがあります。(光線引きはありませんでした) これは古い機種なので致し方ないでしょうね。 

 

中野のフジヤカメラで買ったときはキャップもフードもなかったのですが、荻窪の田中商会というお店で一気に手に入れました。124GはB30と言うバヨネットを使っていますが、これを使う現行機種はもうありません。10件近くの店を当たったのですが、田中商会さんでは「新品あるよ」っとあっけなく見つかりました。「新品??」、どうもアメリカのSPIRATONEと言う商社?が昔の日本の在庫を抱えていてそれが逆輸入されているという説明でした。確かに新品でした。(写真左の小さいフードは最初に別店で入手したケラレのある合わないものです。) また薬瓶のふたで自作したレンズキャップを使っていたのですが、田中商店でそれを見せたら瞬時にYashicaとロゴの入ったキャップが出てきました(涙、涙)。他の店より遙かに二眼の在庫が多くすごいと思いました。以下にアメリカのWebで仕入れたページを載せておきます:

YashicaMat 124G TLR Medium Format Camera
YashicaMat 124G
A Comparison of 35mm and MF Optical Quality
Fill-Flash      Miscellany
Opinions & FAQs via Newsgroups-E-mail
Shooting Nature with the Yashica Mat 124G
TLR Rollei and Yashica Accessories
Yashicamat 124G Optical Performance 
PhotographyREVIEW Fuji GA645 Zi 6x4.5 Medium Format

英語版 Yashica Mat 124G 取説書 (PDFファイル 2.8MB)

 余談ですが、英語の場合は"MF"とはマニュアルフォーカスのことではなく、Medium Format (中判) の事です。二眼レフは TLR (Twin Lens Reflex) です。

 


カシオ QV-2000UX
: これは頼りになるポラロイド代わりですが、他の銀塩より接写が効くのでそれだけで撮ったりもします。デジカメはデジカメですばらしいです。リアルタイムで露出補正の様子が見えること、再生・記録の切り替えが非常に早いこと、電池の保ちがよいことなどポラロイド代わりとしては非常に優秀です。このカメラの詳しい情報は別ページにあります。

 

三脚

  スリック Pro 500 DX-II (右) : ある入門書によると中判カメラは三脚なしに使ってはいけないそうです。三脚は私のスタイルではありませんが、落ち着いて風景を撮るときは必須です。カメラやさんのオヤジさんに相談するとスリックの3.5kg級のものを薦められましたが、とても持って歩けそうにありませんでしたので、「しっかりしたやつで一番軽いもの」というのでこれになりました。ヨドバシさんで10数台の三脚を伸ばしたり縮めたりさせていただきました。この三脚は非常に満足しています。2.3kgという重量に対する安定性、各部の操作感や感触、機能とも非常に良いです。一生使えそうです。(三脚持っての撮影は月に一回ぐらいですね。)

LPL Tekno Boy 101 (左) : Pro500-DXIIは良いのですが、旅行の時などはちょっと重たすぎます。そこで「華奢なやつで一番しっかりした」ものを選びました。重量はちょうど1キロです。これもヨドバシさんで10数台伸び縮みしました。雲台が一応3ウエイで、他のメーカと違うのは全部金属製です。三脚部だけを伸ばすとちょうどウエストレベルに来るので、Yashicaに最適です。強度的にはこの大きさと重量でしたら優秀だと思います。

 

露出計

セコニック L 308B II : GA645Ziの測光は正確だし、Yashica Matの露出計は一応は動くのですが、勉強なので散財覚悟に買ってみました。なかなかおもしろいですね。入射・反射と頻繁に切り替えて使っています。暇なときは露出当てごっこをやっています。まだ+/-1.0EVの精度がやっとですけど。このメーターは不満もあるのですが(たとえば暗いと液晶が見えない) 何せ軽くて薄いので持ち歩くには最適です。セコニックって会社は練馬の大泉にあったのですね。都民農園セコニック行きっていうバスがありますよね。知らなかった。

 

ホーム